ピーチ航空の格安チケットで札幌へ

fraegg

札幌に飛行機で出張に向かったり、旅行で訪れる場合には、その運賃をよく確認しておきたいところです。東京から向かうにしても、現地の空港に辿り着くには、かなり高額な運賃が発生するためです。

ピーチ航空を利用すると、とても格安な運賃でたどり着けるとあり、非常にお得です。できるだけ費用をかけずに飛行機に乗りたいなら、この航空会社のサービスの利用を検討してみましょう。

この航空会社には2種類の運賃タイプが存在します。価格の安さに特化したタイプと、荷物が多い人に適したオプション付きのタイプです。
価格重視にしたいなら、前者のタイプを選びましょう。東京発の場合で最も安い運賃ならば、なんと片道4490円で飛行機に乗ることが可能です。最大限に有料サービスを利用するなら、片道2万4790円かかります。有料サービスの組み合わせは自由ですので、4490円~2万4790円の間で、片道料金が決定するようになります。
有料サービスとは、座席の指定料金や搭乗日の変更、受託手荷物料金などです。機内に持ち込む手荷物に関しては無料です。

座席指定料金については、指定できる座席の種類によって、料金が変動するようになっています。ちなみに価格重視のタイプだと、搭乗のキャンセルや払い戻しなどが適用されません。その代わりに格安料金が設定されていますので、その点を十分に理解してから利用する必要があります。

もう一つの荷物の多い人向けのタイプも、他の航空会社の運賃に比べれば格安料金を実現しています。片道で6990円~2万9890円の料金になります。こちらは価格重視に比べると、基本料金が高めである一方で、有料サービスの一部が無料になるメリットを持っています。機内持ち込み手荷物が無料であるのは一緒ですが、受託手荷物に関しても、1個に限り無料になるサービスを受けられます。

座席の指定料金については、4種類のうち、2種類を無料で選択可能です。搭乗日の変更や時間変更についても、インターネットで手続きをすれば、無料で行うことができます。払い戻しはできないものの、条件次第でキャンセルができる柔軟さを持っています。
無料サービス、有料サービスの組み合わせによっては、価格重視のタイプよりも安く飛行機に乗れるようになりますので、チケットを購入する前に十分に比較検討することをおすすめします。
ピーチ飛行機 予約は公式サイト(http://skyticket.jp/)で簡単にできます。片道だけでなく、往復でも予約が可能です。

新幹線よりも安くて便利に札幌へ

北海道新幹線が開業して、ますます北海道旅行が身近なものになりました。しかしながら、北海道新幹線では函館までしか開業していないことから、その先へ行くためへは乗り換えが必要となります。つまり、所要時間もかかると言うことです。

費用についても決して安いものではなく、手軽な旅行とは言いにくいのが現状です。そんな北海道旅行をリーズナブルに、そして便利に行く方法があります。それがLCCの活用です。LCCはローコストキャリアの略で、サービスを簡略化するなど、さまざまな面におけるコストを削除することによって低価格を実現した航空会社のことです。日本を代表するLCCとしてピーチがあります。関西国際空港を拠点として日本の主要な都市、また近隣アジアへの路線を展開しています。もちろん、北海道への路線も展開していて、北海道の中心的な都市である札幌に就航しています。

まず、新幹線と比較して所要時間が圧倒的に短いことがメリットとして挙げられます。関西国際空港からであると約2時間で着きます。新幹線であると、函館からの北海道内の移動だけでも約3時間かかります。次に費用面ですが、LCCであることから一般的な航空会社と比較しても、とてもリーズナブルに設定されています。LCCのチケットの特徴は購入する日によってチケットの価格が変わることです。出発当日や前日であると高めとなっています。

しかしながら、あらかじめ計画を立てて数ヵ月前に購入すればリーズナブルに購入することができます。また、不定期に行われるセールを活用すると、さらにリーズナブルに購入することができます。利便性という観点からみて、LCCのフライトスケジュールも注目する点です。LCCは比較的他の航空会社のフライトが少ない深夜、早朝に多くの便が飛んでいます。そのため、利用するときに前日から空港に行く必要があることもあります。

しかしながら、早朝のフライトで行き、遅いフライトで帰れば、現地での滞在時間を増やすことができ、日帰りでも満喫することができます。飛行機の機内については、一般的なのと比較して前後の座席の幅が少し狭くなっていますが、2時間程度のフライトですので、さほど気になるものではありません。LCCといえ、フライトの安全性と定時運航については信頼することができます。機内でオリジナルのお弁当を購入することもできますし、快適なフライトを楽しむことができます

ピーチでの札幌行き、出発空港は?

北海道は旅行の目的地として常に人気で、行ってみたいけれど遠いので旅費がかかることからなかなか踏み切れず未だに一度も行ったことがないという人もたくさんいます。新幹線だと時間がかかって料金もかなり高いので大変で、飛行機でもジャルやANAの正規運賃は割高で、早めに予約をして割引を受けても一万円以上するのでためらってしまいます。そこで活用してみたいのがLCCで、大手の半額程度の値段でお得に北海道に行くことができます。

ピーチの札幌行きは、東京と大阪から毎日フライトがあります。大手が羽田空港と伊丹空港を使っているのに対して、成田空港と関西国際空港からの発着なのでほかの航空会社がカバーしていない路線が使えて便利です。特に、北海道に住んでいて海外旅行に行く人は今までまず羽田や伊丹まで出てから改めてリムジンバスや鉄道を使って成田や関空まで移動する必要がありましたが、ダイレクトに国際線のハブ空港から発着できるので移動時間を大幅に短縮して便利に旅行ができます。成田からは1日1便、関空からは1日3便のフライトがあるので乗り継ぎ便や旅行のスケジュールに合わせて選ぶことができて、料金は大手の航空会社や新幹線に比べるとはるかに安いのでとてもお得です。

運賃が固定制ではなく常に価格が変動するシステムなので、予約をするタイミングを上手に合わせると数千円という破格の値段でチケットを手に入れることができます。2日前程度の直前予約でも一万円前後で購入できることがほとんどなので他の交通手段に比べるとはるかに安く、急な帰省や出張のときでも予算を節約できます。

普段から公式サイトの検索ページで値段をチェックしておけば、最安値を簡単に見つけられるのでうまくいけば往復一万円以下の交通費で北海道旅行が実現できます。飛行機代を節約できればその分現地でワンランク上のホテルに泊まったり、美味しい料理を食べたり、レンタカーでドライブをしたりいろいろ楽しめるので旅行をもっと充実させて思い出作りができます。

関空や成田は周辺からのアクセスも便利で使いやすい空港なので、出発空港として羽田や伊丹に劣らず活用できる拠点です。北海道から海外旅行に出かけるための出発地としても重宝する路線で、途中で国内線の乗り継ぎをしなくて済むので旅費を節約し、時間も有効に使えます。最高の楽しい旅行をするために余計な交通費を減らせるLCCを上手に使ってみましょう。

ピーチでお得に札幌旅行

北海道は九州出身の私達夫婦にとって憧れの場所でした。
新婚旅行も北海道の富良野を選び、北の国からのロケ地を観光ました。
それから子どもも生まれ、遠くへ旅行しても楽しめるくらい大きくなったので、今度は三人で北海道へ行こうと決めました。

当時関東に住んでいたので、関東から北海道へ旅行をするにはやはり飛行機だろうと大手航空会社を調べてみたところ、三人分の往復飛行機代だけで軽く13万円を超えることが分かりました。
それでもかかる時間を考えるとやはり飛行機に乗る必要があるので諦めるかな、と思っていたところ、成田空港発着ならば札幌行きのLCCがあることを友人から教えてもらいました。

それがピーチ航空でした。
私達には成田空港の方がずっと便利だったので、早速調べてみたら飛行機代が3人で、いろいろなオプションを付けても往復5万円以内で済むのです。
飛行機代を宿泊費を合わせても最初に調べた羽田空港発着の飛行機より安く済みました。
ありがたく思いながら予約をしました。
3人並んで座りたかったので、座席指定をしました。

おかげでちょうど3人横並びで座れました。
子どもがはしゃいで迷惑をかけてしまうのが心配だったので、少し足元が広い座席を選んだので、LCCの座席でも十分ゆったりでした。
子ども連れなので、身軽に旅行できるよう真冬は避けたい、でも暑い夏ではなく北海道らしい涼しい季節が希望だったので、シーズンオフの秋に旅行しました。

1日目と二日目ははジンギスカンを食べたり、有名な観光地を巡ったり、北海道の街並みを楽しみました。
開拓時代の名残の残る建造物がとても素敵で、レトロな風情のある街の全てが感動でした。
三日目はドライブがてら北海道の自然を見て回りました。
街を離れて1時間も走ると、牧場や畑が広がり、人家もまばらな原生林や海も見ることができました。
北海道の自然の景色は本州とは全然違います。

気候が違うので当然かもしれませんが、森の木々も、ウミネコなど飛んでいる鳥も、偶然出会えたキタキツネやエゾシカも、普段目にすることがないものばかりで、同じ日本なのにこれだけ違うんだ、と驚くほどでした。
動物園の囲いの中にいる動物しか見たことがなかった子どもは、山へかけていくエゾシカに大興奮でした。
飛行機代が浮いた分、大好きな北海道のお土産もこころゆくまで買い込んで帰路につきました。
思ってもみないようなお得な旅費でいけることが分かって、憧れの北海道が身近になった気がします。
北海道は広いので、また是非お得な旅行をしてみたいです。

ピーチの札幌便活用のコツ

日本のLCCで名前が可愛く機体のデザインもおしゃれなピーチは、全日空の関連会社で2011年から国内やアジアの各都市に就航しているエアラインです。全日空やジャルに比べて格段に値段が安くて、新幹線や高速バスよりもずっとお得に日本中やアジアの隣国に行けるので空の旅がもっと身近になって気軽に旅行に行くことができます。北海道に行くときにも活用できて、大手を使うと普通運賃が何万円もするチケットを半額以下の値段で買うことができて、セールや空いている時期を狙うと数千円という信じられない値段で購入することができます。

札幌便は東京と大阪から出ていて、東京は成田空港、大阪は関西国際空港に就航しています。関空からは一日3便、成田からは一日1便で、飛行時間は関空でも2時間ちょっとなので長すぎて疲れることもなく快適に移動ができます。東京エリアや大阪エリアの観光や、北海道に安く行きたいときに両方から活用できて、普通なら往復で6~7万円くらいかかってしまう交通費を大幅に抑えて、タイミングよく上手に予約をすれば往復一万円以下で航空券を確保することも可能です。

最安値で買いたいなら会員登録をしてニュースレターを購読すれば、毎週のようにお知らせを受け取れるので一般販売の前に限定の格安チケットを手に入れたりセールの日程や発売開始時間を前もって知っておき、素早く乗りたい路線の航空券をゲットできます。予約は公式サイトで行うのが一番簡単で、直感で操作できるデザインなので初めてのオンライン予約でも迷わずスムーズに行えます。

成田や関空から国際線に乗って海外旅行に行くときでも、全日空やジャルだと羽田空港や伊丹空港しか路線がないので電車やリムジンバスで国内の空港を移動しなければいけませんが、LCCは直接成田や関空に着くので乗り換えが簡単です。重いトランクを引っ張って駅の中を歩き回るのは大変なので、手間を省いて時間もかからず乗り継ぎができれば旅行のために体力を温存できるメリットもあります。国内の移動は意外と時間やお金がかかるので、リムジンバスの料金がLCCの航空券よりも高いケースのあるくらいです。

北海道と東京・大阪は交通費が高くて行きたくてもなかなか決断できず迷っている人も多いので、LCCの格安航空券を使うとお金を気にせずに気軽に旅行ができます。行ってみたい場所があったら最安値でチケットを手に入れて旅行を楽しんでみましょう。